ホーム・ティーチャー

 

「塾と家庭教師どっちがいいの?」

実は“どこを選ぶか”よりも大切なことがあるんです。
それは・・・ズバリ“お子さんに合ったやり方を見つける”こと!

そこで、塾と家庭教師選びのポイントをまとめてみました。

教え方の違い

塾や家庭教師をやる目的は「“わからない”を“わかった”に変えて成績UPすることです。つまり、わからないところを教えてもらえる時間がどれだけあるかが決め手になります。

一言で「塾」といってもその種類は様々です。
ここではそれぞれの塾の形態がひと目でわかるようになっていますので、参考にしてください。

[PR] 小学校受験で幼児教育

・集団塾や進学塾のばあい

完全に“学校の延長”になります。授業中は質問できないので、個別指導の時間はほぼゼロ。授業が終わったあとで先生に聞くのは自由なので、自分で授業の予習・復習ができて積極的に質問できる子であれば、競争心が芽生えて成績も伸びる傾向にあります。

【こんな子に向いてます】
・自分で勉強する習慣がついている子
・積極的に質問できる子
・競争心が強い子
・しきりで区切られている塾のばあい

『個別指導』といわれていますが、実態は、10人くらいの生徒にプリントを与えて、1人の先生が質問したら教える形式。ですから料金も比較的安いです。質問できる積極的な子は約10分〜15分、個人的に教えてもらえます。反対に質問できない子が1対1で教えてもらえる時間はほとんどありません。月謝がいくら安くても、ただプリントを解いて帰るだけでは、お金も時間もムダになってしまいます。

【こんな子に向いてます】
・積極的に質問できる子
・自分でわからない所がわかる子
・個別塾(2対1)のばあい

指導時間90分の場合、“90分÷2人”となるので1人当たりの指導時間は45分。ただ、2人のレベルや性格に格差がある場合は、できる子(理解の早い子)・積極的に質問する子を中心に時間が使われる傾向があります。なので 、わからないところがわからなくて質問できない生徒は、できる生徒と先生のやり取りを聞いてるだけになってしまうことも多いようです。

【こんな子に向いてます】
・自分で勉強する習慣がついている子
・積極的に質問できる子
・集中力がある子
・家庭教師のばあい

指導時間90分の場合、90分が1対1で質問できる時間です。つまり、すべてがお子さんのための時間。塾のように一方的な授業形式でもなく、他の子のペースを気にする必要もありません。家庭教師の先生を独占できるので、誰にも遠慮せずに、わからないところを聞くことができます。「人前で質問するのが恥ずかしい」「こんなこと聞いたらバカにされないかな・・・」というお子さんでも、安心して何でも質問できる環境です。

この、“わかるまで教えてもらえる”ということが、お子さんにとって一番良いのは当然です。でも現実は、この環境が他の塾ではなかなか手に入らないのです。また、 お子さんと一緒に“予定表”を作り、指導のない日も1人で勉強できるように習慣付けていきます。さらに、勉強のやる気がないとき、行き詰っているときは目標を一緒に確認し、悩んでいることがあれば、優しく、時に厳しく受け止めて、勇気づけていきます。学校や塾では決してマネできない、細やかなフォロー。それが、家庭教師が指示されている理由なんですね。

Favorite

結婚式でのロングドレス探す
http://www.groovynight.com/
ブルガリ 買取

最終更新日:2016/12/14

【こんな子に向いています】
・わからない所がわからない子
・自分で勉強する習慣がついていない子
・学校の授業などで先生に積極的に質問できない子
・部活や習い事で忙しい子
・・塾・家庭教師の違い・・
家庭教師とは
お金の違い
時間・場所の違い
教え方の違い
アフターフォローの違い
お問い合わせ
Copyright (c) 2008 ホーム・ティーチャー. All rights reserved.