ホーム・ティーチャー

 

「塾と家庭教師どっちがいいの?」

実は“どこを選ぶか”よりも大切なことがあるんです。
それは・・・ズバリ“お子さんに合ったやり方を見つける”こと!

そこで、塾と家庭教師選びのポイントをまとめてみました。

お金の違い 
「入会金がないから」「月謝が安いから」など、ついお金の安さで比較しがちですが、「本人の性格に合っているのか?」「レベルにあった指導をしてもらえるのか?」を考えずに決めた場合、結局は肝心の成績UPにつながらず、お金がムダになってしまうこともあります。
ポイント
・月謝は妥当?

塾・家庭教師は、今の中高生にとってはなくてはならないようなもので、学校の授業以外で塾・家庭教師をやっているご家庭は大変多く、中3では、実にクラスの半分が塾通いをしています。(2000年度厚生労働省調べ)

学校以外にかかる教育費用については、「子ども学習費調査」(2004年度文部科学省調べ)によると、公立中学校の子で年間23万4,658円を費やしていることがわかっています。このことから塾・家庭教師に費やす金額は、月に2万〜2万7千円程度といえるようです。そうは言っても『やるならできるだけ料金が安いほうが・・・』と考えてしまいますよね。それに他の家庭が、実際に塾や家庭教師にどれくらいかけているのかも気になるところかと思います。実際には、塾や家庭教師によっても違いますが、以下はだいたいの目安です。

■個別塾(完全1対1)
・・・40,000円前後 (週1回 1教科指導)
■進学塾(大手)
・・・30,000円〜40,000円 (週3回 3教科指導)
■家庭教師派遣センター
・・・30,000円〜40,000円 (週1回 1教科指導)
■個人契約の家庭教師
・・・10,000円〜30,000円程度 (週1回 1教科指導)


・教材費や講習費、追加料金はある?

塾の場合、いくら月謝が安くても、意外に見過ごしてしまうのは、夏期・冬期・春期講習費や合宿などにかかる費用。安くても20,000円前後。高いところだと、夏期講習で10万円もかかってしまう塾もあります。 講習などは強制ではないのですが、塾に通っている子は自然な流れとして講習などを受けるよう導かれていきますので、予算に入れておいたほうが良いかと思います。

また、テキスト代は、塾・家庭教師ともに内容・金額をしっかり検討することが大切です。明らかにお子さんには合わないと思われる教材を強要するところは要注意ですよ。『何でそのテキストをすすめるのか?』を念頭において、『最後まで使いこなせそうなテキストか?』など、お子さんの意思確認も行ってください。金額も安いものから高額なものまで様々ですので十分に検討してからご購入ください。

・本人のレベルにあってる?

ここからが重要です。 料金やその他の内容を知っても、それだけでは決めないでください。一番大事なのはお子さん本人のレベルに合っているかどうかということです。他の子には合っていてもお子さんに合うとは限りません。塾・家庭教師選びを間違ってしまうと、大切なお金や時間だけでなく、お子さんの“やる気”や“自信”までも失ってしまうかもしれないのです。

2016/12/5 更新

・・塾・家庭教師の違い・・
家庭教師とは
お金の違い
時間・場所の違い
教え方の違い
アフターフォローの違い
お問い合わせ
Copyright (c) 2008 ホーム・ティーチャー. All rights reserved.